レトロな空間で、島黒豚のヨーロッパ家庭料理に舌鼓「架空食堂 Kurau/クラウ」

DSC_1156-hoseizumi

全面ガラス戸の「架空食堂Kurau/クラウ」は、夜闇の中でも柔らかい明るさを放っています。店内に広がるのは、タイムスリップしたかのようなレトロでジャンクな空間。まるで欧州の楽しい酒場食堂に足を踏み入れたようです。

メニューももちろん個性的。ヨーロッパの家庭料理がベースになっていて、島で育った「奄美黒豚あかりんとん」を使った手作りの加工品を中心に、ハーブやスパイスを生かした料理はどれも手が込んだ逸品ばかりです。

image-hoseizumi

300g超でボリューム満点の「骨付き奄美黒豚あかりんとんのロースト」は、まず豚肉を乾燥させ、熟成させることからはじまります。

塩コショウと香草のみを加え、じっくり焼きあげたローストポークは食欲旺盛な男性もお腹いっぱいになるほど。絶妙な火加減で、外はカリッと中は桜色で程よいレア感を楽しめます。かたまり肉ならではのジューシーな旨さと、ホクホクのポテトがよく合います。

IMG_1710-hoseizumi

「奄美黒豚あかりんとん」を使用した「自家製ソーセージ」は、熟成された豚の甘い脂身がスパイスでピリリと締まり、辛口のワインやビールがよく合います。
マスタード、季節の野菜やレンズ豆の煮込みなどを添えて「ぱくりっ……」ジューシーな旨味が弾けます。

黒豚は半頭、あるいは部位で仕入れて、オーナーがソーセージやハム、ベーコンなどのシャルキュトリー(フランス語で豚肉や豚の内蔵を使った加工品のこと)に加 工します。
季節ごとに素材の配合や肉の挽き方を変えるなど、画一的ではない自由なメニュー発想に、何度訪ねても飽きることありません。

DSC_1116-hoseizumi

オーナー夫人の手作りパンは、どこか懐かしく噛みしめるほどに小麦の旨さを感じられます。パテやチーズ、生ハム、オリーブオイル等を使った料理によく合うので、ぜひ一緒に食して頂きたい逸品。もちろん、ワインを呑みながらつまむのもおすすめです。

店内はオーナー夫妻のニッチな感性にひっかかった、ジャンクな家具や雑貨であふれています。懐かしくもどこかおしゃれな雰囲気に酔いしれて、料理とお酒を楽しんでみて下さい!

IMG_2499

手作りパンを提供してくださるオーナー夫人は、奄美市名瀬伊津部町の「架空食堂 Au pas camarade(オ・パッキャラマド)」にて、手作りパンと煮込みの料理のお店を営んでいます。こちらでは、奄美初のブラジリアンシュラスコが楽しめます。

不定期ですが「架空食堂 Kurau/クラウ」と、「架空食堂 Au pas camarade/オ・パッキャラマド」ではグルメにはたまらない食のイベントを開催しているので、Facebookブログをこまめにご確認下さい。

きっと、新しい美味しさに出会えるはずです。

《飲食店の詳細は のんびり奄美で掲載中!》

架空食堂Kurau/クラウ

住所:鹿児島県奄美市名瀬金久町16-6
TEL:070-5817-0493
営業時間:18:00~夜更けまで
営業日:不定休(事前に問い合わせを)

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

2010年に誕生した、シマを愛するすべての人々のための奄美群島地域情報サイト。日々あがってくるシマッチュたちのブログを主軸に、編集部が取材したグルメ・不動産・仕事・イベントなどの情報まとめなどを掲載。フリーペーパー「みしょらんガイド」「amammy」も配布中!しーまブログ

関連記事GOURMET 島食

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.