【最大5万円の助成金がもらえる!】奄美大島でお得にホエールウォッチングをしよう!

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

奄美大島旅行をご計画中のみなさまへ、とってもお得な「体験プログラム利用促進助成事業」 のお知らせです。

奄美大島で合計 6 人泊以上の宿泊をする方で、ご滞在中に指定の体験プログラムを 2 つ以 上利用された場合、最大 5 万円までの助成金を受け取ることができます。

助成事業について詳しくはこちらをご覧ください。

さて、助成対象プログラムの中から、今回は「あまみ満喫体験プログラム No.7 大島海峡でホエールウォッチング ホエールソング 」をご紹介します。

 

奄美大島といえば南国のイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。南国で楽しみたいアクティビティといえばマリンレジャーですよね!

「でも、冬は寒いからマリンレジャーはできないのでは?」と思っている人も多いと思います。

確かに、冬は水温が低く、水着だけで海水浴を楽しむことはできません。でも、この時期にしか楽しめないマリンレジャーがあります!それがホエールウォッチングです。
大海を泳ぐクジラは迫力満点!日本でホエールウォッチングができるところは限られています。

冬に奄美大島に来たなら、ホエールウォッチングがおすすめですよ!

 

冬の奄美大島はクジラの季節

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

奄美大島に来るクジラの多くはザトウクジラという種類です。体長は平均13m、体重は平均30tにもなる大型の哺乳類です。

ザトウクジラは、夏の間はアリューシャン列島やベーリング海などの冷たい海域で過ごしています。冬になると、交尾・出産・子育てをするために温暖な奄美大島の近海にまでやってくるのです。

クジラは一頭で泳いでいることもあれば、親子で泳いでいたり、群れになって泳いでいたりします。
泳ぎかたもさまざまで、ゆっくり泳いでいることもあれば、じっとしていることもありますし、一頭のメスを巡って複数のオスが喧嘩するように泳いでいることもあります。

奄美大島では1月から3月にかけてかなり高い確率でクジラに遭遇できますが、生き物が相手なので会えないこともあります。見つけるコツをお伝えしますので、頑張って見つけてくださいね!

 

目を皿にしてクジラを探そう

クジラは外洋にいますので、船に乗って探しに行きます。大島海峡内は比較的波が穏やかですが、外洋に出ると風の影響を直接受けるので波が高くなることがあります。

また、風がない日でも、潮の流れですごく波が高くなっている場所があります。日によってはそういう場所も通るので、船酔いしやすい人は必ず酔い止めを飲んでから乗船しましょう。

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

奄美大島では冬でも気温が10℃以下になることはほとんどありませんが、海上は風が強く体感温度は寒く感じます。南の島だからと油断せず、ヒートテックを2枚着て厚手のシャツ、セーター、さらにダウンジャケットを着てマフラーをしてウインドブレーカーを着るくらいで行くのがいいでしょう。

外洋に出たら、広大な海の中でクジラを探します。クジラは海面で呼吸のために潮吹きをします。これはブローと呼ばれる動作なのですが、このブローを目印にクジラを探します。

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

ブローが海上に見えているのはほんの1秒か2秒。この一瞬を見逃さないようにみんなで探します。乗り合わせたお客さんと一緒に、誰がどの方向を探すかを決めて探すといいかもしれません。

なかなか見つからないときは、海の中にマイクを入れて探します。

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

「クジラって鳴くの?」

いえいえ、鳴くどころか歌を歌うのです。仲間への合図なのか、求愛のためなのか理由は定かではありませんが、とにかく歌います。

歌は高い声や低い声を合わせたいくつかのフレーズで構成されています。その年の流行りがあるらしく、3月ごろにはみんなが同じような歌を歌っているそうです。

どんな歌か気になりますよね。実際のクジラの歌を聞いてみたい人は、こちらの動画をご覧ください。

エンジンを切って耳を澄ますと、マイクで拾ったクジラの歌声が聞こえてきます。歌が聞こえてきたら近くにクジラがいる合図。もう一度海面を探します。

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

すぐに見つかることもあれば、何時間かけても見つからないこともあります。こればかりは運次第。根気がいります。

 

ダイナミックなクジラに興奮必須!

クジラは海面で2、3回ブローしたあと、尾びれを海面に出すフルークアップ&ダウンと呼ばれる動きをします。これは、息継ぎを終えて潜水するときに見られる行動です。

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

フルークアップ&ダウンをすると海中に潜ってしまい、しばらく出て来ません。そして、およそ15〜20分潜ったあと再び海面に出てきます。どこに出てくるかは分からないので、またみんなで海面を探します。

ある方向にまっすぐ泳いで行ったから、そっちの方向に出るかなと思って探していたら、全く違う方向に出てくることもあります。見つけたらすぐ「あっち!」と声に出して他の人に知らせてあげてくださいね。

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

クジラの行動は他にもいろいろありますが、一番テンションがあがるのがブリーチと呼ばれるもので、体を海面から出して飛び上がり、背中から海にダイブします。10mを超える体が宙を舞うのですごい迫力!これが見れたらかなりラッキーです。

クジラが見えたら、その一瞬をカメラに収めたくなると思います。しかし、クジラが出てくるのは本当に一瞬です。自分が狙っている方向に出てこないこともあります。なので、静止画よりは動画で撮影しておく方が姿を捉えやすくなります。

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

ホエールウォッチングで同じ船に乗り合わせた人は、「クジラを見つける」という同じ目的を共有した仲間です。見つけることができたときには達成感があり、いつの間にか仲良くなってることもあります。

大迫力のホエールウォッチングを楽しみたい人は、ぜひ奄美大島にお越しください!

 

奄美満喫ツアー実行委員会では、「体験プログラム利用促進助成事業」として、奄美大島の 自然・伝統・文化など地域固有の資源を活用した体験プログラムを利用された方に、各市町村の宿泊数に応じて助成を行っています。

助成を受けるためには、奄美群島外にお住まいであること、助成対象の体験プログラムを 2 つ以上利用することなど、いくつかの条件を満たす必要があります。 助成事業の詳細は奄美市公式ホームページでご確認下さい。

【助成事業に関するお問い合わせ先】

奄美満喫ツアー実行委員会(事務局 奄美市紬観光課)

住所:〒894-0026 鹿児島県奄美市名瀬港町 13-1

電話番号:0997-52-1148

 

今回ご協力いただいたショップ:アクアダイブコホロ

奄美大島 ホエールウォッチング コホロ クジラ amami

今回お世話になったのは、瀬戸内町にあるマリンショップ、アクアダイブコホロさんです。

2階建の大きな船でホエールウォッチングに出かけるので、クジラを探しやすいです。小雨が降っている日でも雨に濡れずにクジラを探すことができます。

ホエールウォッチングの他にも、ダイビングやシュノーケリングも行っています。ダイビングのライセンス(Cカード)を持っている方には、クジラと一緒に泳ぐホエールスイムも行っています。

クジラと一緒に泳げるのは日本では奄美大島くらいなので、ぜひ体験してみてくださいね!

 

アクアダイブコホロ

お店の特徴:小雨でも安心!屋根がついた船で探しにいきます

店舗名:奄美大島ダイビングショップ アクアダイブコホロ

住所:〒894-1746 鹿児島県大島郡瀬戸内町久根津820-3

電話番号:0997-72-4969

定休日:年中無休

開催期間:1月中頃〜3月末

体験料金: 3時間コース 6,000円(税別)  6時間コース 12,000円(税別)

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

映像エディター/予備校スタッフ 兵庫県出身。奄美群島の文化に魅かれ、2017年1 月に奄美大島に移住。島暮らしや島の文化を伝えるために自身のメディア、離島ぐらし(http://rito-life.com/)を運営する。

関連記事ACTIVITY 島遊

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.