幻の島豚、奄美黒毛島豚も味わえる「豚豚亭 龍郷道場」

20160310

龍郷町国道58号線沿いにある、「豚豚亭(とんとんてい)龍郷道場」。
白い壁に書かれたかわいらしい豚さんマークと、看板前に設置されているコック姿の豚さんの人形が目印です。
「豚豚亭」では、島内でも貴重な奄美産の豚肉を使ったトンカツや、カレー、軟骨煮、炒め物など、様々な種類の豚料理が食べられます。

店内は座席数が多く、天井も高くて広々とした印象。
通路も広いので、ベビーカーや車椅子もゆったりと通ることができます。

IMG_3004

おすすめの「豚豚亭とんかつ定食」(1050円税込)は、ライス、味噌汁、小鉢、漬物付き。
こちらは、厳選した九州産の豚肉を使用し、特製オイルに一晩つけてから揚げているから、とってもジューシー!
かみしめるほどに肉の旨みが感じられます。

IMG_3015

食感にこだわったという衣にも注目。
店主こだわりの特製パン粉は粒が大きく、パリパリ、サクサク!

揚げる油にももちろんこだわり、豚の旨みが凝縮されたラードを使用しています。
風味の違いとコクを感じてください。

ここでは島内でも珍しい、島豚が食べられるのも嬉しい!
「奄美黒毛島豚のとんかつ定食」(2000円税込)は、1日8食限定です。

20160310_1

奄美黒毛島豚は、全国的にも有名な鹿児島黒豚のルーツとも言われている品種。
育成には時間がかかりますが、その間、自給自足の精神を大事にした自然養豚で大切に飼育されています。
脂身にくせがなく、肉汁と噛みしめるほどに感じられる旨みは、一度は食べてみる価値ありです。

奄美では、かつては多くの家で豚を飼育していたり、正月のごちそうの主役として豚肉を振る舞ったりしており、人々の生活に豚は欠かせないものでした。
また、肉が貴重だった時代、塩漬けにするなどして保存し、余すところなく大切に食していた文化もあります。
その文化を大切にしたいという想いから、「豚豚亭」では豚肉を使った伝統料理もメニューになっています。

IMG_3040

豚の耳をカリッと炒めたミミガーもそのひとつ。
他にも、黒豚しゃぶしゃぶ、豚肉カレー、豚の軟骨定食、豚タン、豚すじ…等々、メニューはバリエーション豊か。
その日の気分や、それぞれの好みに合うものが選べるのも嬉しいところです。

豚肉のことを知り尽くした店主の料理で、島の伝統的な豚料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

《飲食店の詳細は のんびり奄美で掲載中!》

豚豚亭 龍郷道場

住所:鹿児島県大島郡龍郷町屋入511
TEL:0997-62-5103
営業時間:11:00~20:30(食材が無くなった場合、早めに閉めることもあります)
定休日:なし
駐車場:あり

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

2010年に誕生した、シマを愛するすべての人々のための奄美群島地域情報サイト。日々あがってくるシマッチュたちのブログを主軸に、編集部が取材したグルメ・不動産・仕事・イベントなどの情報まとめなどを掲載。フリーペーパー「みしょらんガイド」「amammy」も配布中!しーまブログ

関連記事GOURMET 島食

Copyright © 2016 奄美大島観光物産協会 All Rights Reserved.