島豆腐の魅力を心ゆくまで堪能できる 老舗豆腐屋直営のレトロなお食事処「島とうふ屋」

DSC_0906

龍郷町中勝にある島とうふ屋は、島の老舗とうふ屋・高野豆腐店が営むお食事どころ。 島の食材・味にとことんこだわる「若夫婦」が先代の父母の味を受け継ぎ、地元の方から観光客までたくさんのファンの胃袋を掴んでいます。

豆腐・豆乳・ゆば・おからを使ったおなじみのメニューから、「こんな食べ方があったんだ!」と感動する創作メニューまであり、豆腐料理を心ゆくまで堪能できるお店。

入り口を一歩入ると、昭和の大衆食堂を思わせる空間が広がっています。
テーブル席からは中庭が望め、南国ムード満点の緑の木々を眺めながらお食事ができます。座敷席もあり、ファミリーでも訪れやすいです。

 

DSC_0967

運ばれてくる食事はどれもボリューム満点。
トレーのうえにところ狭しとお皿が並んでいて、どれもおいしい!

品数の多さ、豆腐を使ったメニューのバラエティの豊かさに驚かされます。

もう食べられない~というほど沢山食べても、全然胃にもたれない!これが豆腐とういう素材の優れたところ。

お腹いっぱいでも、気分爽快・体も軽い!!

 

simadouhusiobuta

豆腐料理だけでなく、塩豚・ゥワンホネ(豚骨)など島で昔から食べられている食材を使った、奄美の昔懐かしい食事も楽しめます。

上のメニューは塩豚の煮物定食。豚の三枚肉を塩漬けにした保存食である塩豚を使っているそうです。

塩ベースのあっさりとした煮物で、脂身までさっぱりと頂ける塩豚は食べ応えがあります。

 

simadouhuyuba

お豆腐やさん直営だからできる!くみあげ湯葉丼セット(数量限定)

「高級品」というイメージがある湯葉ですが、こちらではごはんの上に湯葉がたっぷりと乗っています 。湯葉好きにはたまらないですね。

また週替わりメニューも要チェック!
通常のメニューにはないものも楽しめるため、毎週楽しみにしている人も多いです。 メニューは毎週金曜日に更新され、内容はお店のブログで確認できます。

 

DSC_0994

奄美の伝統的な飲み物「みき」を使ったデザートみきグルト。

他にも豆乳を使ったデザートも数種類作られています。レジ横のショーケースではお豆腐スイーツのほかお惣菜の販売もあり、お持ち帰りも可能です。

店内には湯豆腐・冷豆腐・ミキ・豆乳が常備してあり、どれも無料で食べられるうれしいサービスがあります。

営業時間は午前11時から夜営業までノンストップなので、ちょっと遅い昼食などにも対応できるのがうれしいですね。

 

《飲食店の詳細は のんびり奄美で掲載中!》

島とうふ屋

住所:鹿児島県大島郡龍郷町中勝1561-1
TEL:0997-55-4411
営業時間:2月中:11:00~20:00(ラストオーダー)
3月~:11:00~21:00(ラストオーダー)
年中無休

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

2010年に誕生した、シマを愛するすべての人々のための奄美群島地域情報サイト。日々あがってくるシマッチュたちのブログを主軸に、編集部が取材したグルメ・不動産・仕事・イベントなどの情報まとめなどを掲載。フリーペーパー「みしょらんガイド」「amammy」も配布中!しーまブログ

関連記事GOURMET 島食

Copyright © 2016 奄美大島観光物産協会 All Rights Reserved.