空港のすぐ近く!水平線が一望できる大パノラマ、あやまる岬観光公園

misakiweb

奄美を代表する絶景ポイント「あやまる岬観光公園」。

飛行機を降り、車を北へ10分走らせると到着できる、奄美十景のひとつです。

公園は景色を楽しめるだけでなく、遊具広場やグラウンドゴルフ場、海中プールなどの施設があり、色々な楽しみ方のできる複合公園となっています。

都会をはなれ、奄美の大自然をいますぐ体験した~い!
と思っている人には、絶対おすすめの場所。

青く広がる海と空。
遠く緩やかにカーブを描く水平線の 大パノラマは、解放感ばつぐん!
眺めているだけで、気分は南国の癒しモードです。

tenbouweb

展望台のある岬の地形をよく見るとわかりますが、「あやまる」という、ちょっと変わった名前の由来は、綾に織られた手毬のような丸い地形から名付けられたのだそう。

確かに、かわいい毬のような半円形をしています。

hirobaweb

そして、海岸に隣接するエリアには、トイレ、休憩所、遊具などのそろう多目的広場があります。

ここは、休日になると、弁当持ちの親子でにぎわう行楽スポット。

車の形をしたファンシーサイクルやサイクル列車など、自分の足で動かす自転車仕様の乗り物に、 子供達は大はしゃぎ!
レンタル料金も100円からと、お財布にやさしい料金設定です。

kartweb

さらに、広場の中では、用具をレンタルしてグラウンドゴルフを楽しむこともできます。

島内各地から利用客がやってくる人気のスポットなので、利用の際は予約の電話を入れておくと安心です。

graundweb

そして、夏には海中プールもおすすめ。

波の影響を受けにくく、シャワー室や更衣室もあるので、子供連れの海水浴にはピッタリです!

公園でたっぷり汗をかいた後、海にジャボン!と浸かれば気持ちよさそうですね。

puruweb

さて、このあやまる岬。
実は、人が集まる場所としての歴史は古く、多目的広場の外れにある「ソテツジャングル」という遊歩道の中には、縄文から弥生時代に使われていたという貝塚跡が残されています。

sotetuweb

奄美での信仰が深い、ノロやユタ神様の祭事場所もあったらしく、岬の一帯は、古くから地元の人に神聖な場所として扱われてきました。

何か神秘的な力でも感じるのでしょうか?
毎年元旦になると、美しい初日の出を拝みに来る人が絶えません。

hinode

古くから感謝と畏怖の念をもって、豊かな自然を大切にしてきた奄美の人々。
心が癒される絶景ポイントには、今も昔も、人を引き付けてやまない魅力があるのかもしれません。

 

あやまる岬観光公園

住所:鹿児島県奄美市笠利町須野
TEL:080-8578-5050(グラウンドゴルフ予約用)
0997-63-1111(奄美市笠利総合支所産業振興課)
利用時間:午前9時~午後5時
休園日:12/31、1/1(荒天時は臨時休業の場合あり)
利用料金:ファンシーサイクル 30分100円、 サイクル列車 1周100円
ちびっ子ゲレンデスノーロデオ30分100円
グラウンドゴルフ 一般510円、中学生以下300円
(※団体割引あり。用具レンタル1組200円)

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

関西出身。縁あって奄美で結婚。転勤族の夫と供に奄美群島各地を回り、2015年奄美大島に落ち着く。奄美の島々を回るうち、各地の風土・風習・歴史の違いに強く惹かれ、大好きな絵や文を通じて、その魅力を発信していきたいと思うようになる。

関連記事SCENERY 島景

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.