期間限定! 太陽と立神がつくる夕陽の絶景 大和村戸円のロウソク岩

トカラ馬もいる、戸円という集落

奄美大島の西海岸に伸びる大和村に、戸円(とえん)という集落がある。見上げるような山を背負い、前面には東シナ海の水平線が広がっている。

3f83040c43380dfd6d66e0e573c8469d 奄美 大和村

戸円は潮風が強く、冬はサーフスポットとして人気。世帯数95の小さな集落で、廃校になった小学校にはアートギャラリーがあり、小川沿いには素敵なガジュマルが立ち並んでいるので集落歩きをしても楽しい。

戸円集落の川沿いにあるガジュマル。

戸円集落の川沿いにあるガジュマル。

 

また、トカラ馬(鹿児島県トカラ列島で飼養されてきた在来馬)が飼われており、時々、海辺や廃校になった小学校の校庭で見ることがあるだろう。

トカラ馬のティンちゃん。まだ子どもなので少し小さめ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水泳の練習をしているティンちゃんを、海で見ることがあるかも

 

秋口だけの奇跡、戸円の絶景夕日を求めて

さて、戸円の海には一本の岩が突き出ている。

それは、立神(たちがみ)とか立瀬(たっせ)とか呼ばれており、集落のシンボルと言っても過言ではない。その岩が10月下旬から11月上旬の間、沈む太陽の位置のタイミングによって、ロウソクのようになるそうなのだ。

10月24日、私は日没直前の18時までに到着しようと車を走らせ戸円に向かった。

戸円集落の寸前の断崖に「戸円ふれあいパーク」という展望スペースがあり、立ち寄ると、遠くに霞む岬と、国定公園のヒエン浜と、ニョキッと立つ岩と、戸円集落が一望できた。

ウソク岩 トカラ馬もいる、戸円という集落 奄美大島の西海岸に伸びる大和村に、戸円(とえん)という集落がある。見上げるような山を背負い、前面には東シナ海の水平線が広がっている。 湯湾岳の山裾にある戸円集落 湯湾岳の山裾にある戸円集落 戸円は潮風が強く、冬はサーフスポットとして人気。世帯数95の小さな集落で、廃校になった小学校にはアートギャラリーがあり、小川沿いには素敵なガジュマルが立ち並んでいるので集落歩きをしても楽しい。 戸円集落内の川沿いにあるガジュマル。 戸円集落の川沿いにあるガジュマル。 また、トカラ馬(鹿児島県トカラ列島で飼養されてきた在来馬)が飼われており、時々、海辺や廃校になった小学校の校庭で見ることがあるだろう。 トカラ馬のティンちゃん。まだ子どもなので少し小さめ。 トカラ馬のティンちゃん。まだ子どもなので少し小さめ。 戸円の海でティンちゃんも泳ぐ練習中。 水泳の練習をしているティンちゃんを、海で見ることがあるかも。 秋口だけの奇跡、戸円の絶景夕日を求めて さて、戸円の海には一本の岩が突き出ている。 それは、立神(たちがみ)とか立瀬(たっせ)とか呼ばれており、集落のシンボルと言っても過言ではない。その岩が10月下旬から11月上旬の間、沈む太陽の位置のタイミングによって、ロウソクのようになるそうなのだ。 10月24日、私は日没直前の18時までに到着しようと車を走らせ戸円に向かった。 戸円集落の寸前の断崖に「戸円ふれあいパーク」という展望スペースがあり、立ち寄ると、遠くに霞む岬と、国定公園のヒエン浜と、ニョキッと立つ岩と、戸円集落が一望できた。 戸円ふれあいパークからの眺望。集落もみおろせる。 戸円ふれあいパークからの眺望。集落もみおろせる

戸円ふれあいパークからの眺望。集落もみおろせる

この日は波もあり、ザザーンという音がすぐ近くに聞こえてきた。風がとても気持ち良い。

日が落ちる前に、慌てて戸円集落で車を降りた。先客はサーファーと、それを見守る女の子。海岸沿いの岩場に向かう歩道を歩いてみたが、この時期ではまだ太陽と岩は重ならない。角度を考えながらウロウロしたところ、砂浜の上から見えそうな気がした。

曇っていたが、ラッキーにも雲間から太陽が顔を出した

曇っていたが、ラッキーにも雲間から太陽が顔を出した

日が落ちてきたが、雲が厚くなってきたので夕陽が見られるか心配だった。しかし、ちょうど雲の切れ間から太陽が覗く。その瞬間、確かに岩と太陽がロウソクを描いた。

普段、太陽が動いていると目で見て分からないのに、こんな時は本当に早くてびっくりする。「ロウソク岩」である時間はほんの一瞬。慌ててシャッターを切ったが撮ったのは数枚だけだった。

あっと言う間に、その大きなロウソクは岩に戻った。太陽が沈んだ後の空も美しく、風は相変わらず気持ちが良い。

また来ようと思った。地球の自転によって毎日少しずつ太陽の沈む位置は変わっていくし、沈む位置によってそのロウソクの姿は違うだろう。

別の日に知り合いが撮ったロウソク岩の写真。天気と、時間と、角度が揃わないと見られない貴重な景色だ。

別の日に知り合いが撮ったロウソク岩の写真。天気と、時間と、角度が揃わないと見られない貴重な景色だ。

車に乗り込みながら、次に来る時はもう少し時間に余裕を持ってこよう、海岸の正面にあるウェスタナーズカフェで優雅にお茶でもしながら夕陽を待とうと思った。

ウェスタナーズカフェの看板犬ハーレーちゃん。海を眺めながらカレーやハンバーグ、コーヒー、ハーブティーなど楽しめる。

ウェスタナーズカフェの看板犬ハーレーちゃん。海を眺めながらカレーやハンバーグ、コーヒー、ハーブティーなど楽しめる。

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

新潟県十日町市生まれ。地方紙記者、農業、バックパッカーなどを経て、旅行雑誌や旅ガイドシリーズの編集に携わる。同時に、野外フェスの企画運営や、NPO法人で海外教育支援、震災復興支援を行う。2016年4月から奄美大島に移住。大和村地域おこし協力隊に就任。

関連記事SCENERY 島景

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.