ブルーシールカフェと土産物店のコラボ!本場奄美大島紬の「まえだ屋」

maedaya-1

 

奄美市笠利町宇宿(うしゅく)集落にある「まえだ屋」は、名瀬から県道をあやまる岬観光公園に向かう途中にあります。
空港から車で5分と近いので、空港ユーザーには嬉しいですね。
「まえだ屋」は本場・奄美大島紬の織元が営む店。
以前は土産物と大島紬の販売店でしたが、2015年8月にリニューアルオープンしました。

「まえだ屋」は1916年創業の老舗。ガラス張りの真新しい真っ白な店構えからは想像できません!

外壁には「shell gallery(奄美貝ギャラリー)」「local present(土産物)」「oshima-tsumugi(大島紬)」の文字が。
さらに、ブルーシールカフェも併設されている複合店舗です。

 

大島紬の織元ならでは。ずらりと並ぶ美しい紬

カフェを思わせるような、おしゃれな外観からは想像がつかないほど、店内には大島紬の反物や着物が並びます。

maedaya-2

着物をふだん着ないという方には、大島紬を使ったバッグや帽子、洋服、シュシュなどの小物がおすすめです♪

大島紬の柄が入ったボールペンや定規、折り紙などの文房具やタンブラーなど、日常的に使いやすい品物もたくさんありますよ。

 

定番の奄美土産もこちらでどうぞ♪

大島紬だけではなく、定番の島のお土産もたくさん揃えてあるのが嬉しいところ。

maedaya-3

奄美と言えば、黒糖焼酎!
代表銘柄が揃っているので、「焼酎に詳しくないけど土産にしたい」という方も、ここで買えば間違いなし。

定番のお菓子やTシャツも充実の品揃えです。

 

奄美でここだけ。うっとりするような美しい貝ギャラリー

奄美貝ギャラリーは、オーナーさんのコレクションである貝殻が展示されています。
ギャラリーといっても入場は無料。どなたも自由に見学できます。
maedaya-4

オーナーさんが半世紀かけて集められた貝殻は、なんと約320種類!
シマッチュもびっくりです。

maedaya-5

安産の貝と言われる「タカラガイ」や、幸せを巻き込む「マキガイ」、恋が成就するハート形の「ハートガイ」などをはじめ、めったに見られない珍しい貝殻があり、願い事をされる方もおられるそう。

美しい貝に運気がUPしそうです。奄美の新たなパワースポットですね。

 

地元の人に愛されるブルーシールカフェ

お土産や貝を堪能したあとは、ちょっと休憩。
店内の一角は、カフェになっています。
沖縄の土産物として人気のブルーシールアイスクリームは、奄美でも大人気。

maedaya-6

フレーバーは常時20種類。
カラフルなアイスクリームに、南国ムードが盛り上がりますね~
期間限定でマンゴーや紅芋などもありますよ♪

maedaya-7

クレープやシェイク、ソフトクリームもおすすめです。

maedaya-8

キッズスペースもあり、店内は広々~。
観光客だけでなく、地元のお客さまも多いブルーシールカフェ。
農作業中に来られた作業服姿の地元の方が「どれにしようかな~♪」とアイスを選ばれている姿には、なんだかほっこりします。

ドライブ休憩にするもよし、笠利のビーチで泳いだ後に立ち寄るのもよし。
飛行機に乗る前に、最後の南国の味を楽しむもよし。

あなたにぴったりの「まえだ屋」の楽しみ方を見つけてくださいね♪

 

まえだ屋

奄美市笠利町宇宿152

0997-63-1502

まえだ屋・奄美の貝ギャラリー10:00-18:00、年中無休

ブルーシールカフェ10:00-18:00、水曜休み

http://maedayahonpo.amamin.jp/

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

2010年に誕生した、シマを愛するすべての人々のための奄美群島地域情報サイト。日々あがってくるシマッチュたちのブログを主軸に、編集部が取材したグルメ・不動産・仕事・イベントなどの情報まとめなどを掲載。フリーペーパー「みしょらんガイド」「amammy」も配布中!しーまブログ

関連記事GIFT 島モノ

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.