テーブルに乗り切らない!?島の料理を思う存分楽しめるお店「郷土料理 あしび舎」

ashibi-1

郷土料理居酒屋「あしび舎(あしびや)」は奄美大島の繁華街「屋仁川」の一角にあります。

扉を入るとカウンターの向こうから「いらっしゃい」という女将さんの明るい声。初めてきた場所なのに「ただいま」と言いたくなるような落ち着く空間です。

カウンター席に入って左側に座敷が一部屋ある、こじんまりした空間だからこその雰囲気なのかもしれません。グループはもちろんのこと、一人でも入りやすいお店です。

IMG_0151webashibiya

こちらは島の郷土料理を心ゆくまで味わえるお店。
島ならではの料理をあれもこれも食べてみたい!という方におすすめです。

基本的にメニューは「食べ放題・飲み放題の郷土料理おまかせコース(3000円、2時間半、生ビール2杯・焼酎・酎ハイ ※3時間以上延長+1000円)」。
こちらに含まれていない飲み物は別途注文できます。

その時の旬な島の素材を使った料理が次から次へと運ばれてきます。豚足、ツバシャ野菜、豚味噌など昔も今も島の人々に愛される料理ばかり。どんどんお皿が並べられていき島料理でテーブルがいっぱいに!

中にははじめて見る料理も。

女将さんに「これは何ですか?」「どう調理しているんですか?」と聞くと色々と教えてもらえました!
気さくな女将さんとのそんなやり取りもここで過ごす時間の楽しさのひとつになっています。

基本的にコースの料理内容はお任せですが、どうしてもヤギ汁が食べてみたい!マダ(イカ墨)汁が飲みたい!など希望の島料理があれば、予約時に伝えてみましょう。出来るだけ対応してくれますよ。

asibi-2

炙り焼き豚足

豚足は苦手と言う人にも食べてみてほしいのが名物の豚足。炙り焼きにしてあるので皮がかりっとして食べやすくなっています。

asibi-3

ツバシャ野菜

「ツバシャ野菜」は、ツワブキと塩豚を使った奄美の家庭料理です。
自家製の塩豚を使用し、この豚の出汁で煮込んでいます。出汁がしみこんで柔らかく煮えたツワブキは何ともいえないおいしさです。

ashibi-3

甕仕込み黒糖焼酎

別途注文してでも味わいたいのが銘柄ごとに仕込まれた甕仕込みの焼酎(1杯500円)。飲み比べてみるのもおすすめです。

IMG_0203webashibiya

料理のほかにもお楽しみが!それは運が良ければ聞けるかもしれない女将の歌声です。

とっても綺麗な歌声なのはもちろんですが、なんと歌詞をシマグチ(島の方言)に変えて歌ってくれます。
テーブルいっぱいに並んだ美味しい島のごはんを食べながら、シマグチの歌を聞いているとまるで親戚の家に集まっているかのような感覚に。

美味しい料理や女将との会話を楽しみに、「ただいまー」とまた帰ってきたくなるようなお店です。

 

《飲食店の詳細は のんびり奄美で掲載中!》

郷土料理 あしび舎

住所:奄美市名瀬金久町14-9-1F
電話:0997-54-3533
時間:18:00-24:00(最終入店22:00)
定休日:日曜

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

2010年に誕生した、シマを愛するすべての人々のための奄美群島地域情報サイト。日々あがってくるシマッチュたちのブログを主軸に、編集部が取材したグルメ・不動産・仕事・イベントなどの情報まとめなどを掲載。フリーペーパー「みしょらんガイド」「amammy」も配布中!しーまブログ

関連記事GOURMET 島食

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.