【吟亭(ぎんてい)】奄美の夜はここで決まり!シマ唄とシマ料理を堪能

IMG_8224のコピー

奄美大島一の繁華街「屋仁川通り」にあるシマ唄とシマ料理のお店「吟亭(ぎんてい)」。
夜7時に山手に向かって通りを歩いていると、どこからともなくチヂン(島太鼓)と島唄が聞こえてきます。その音につられて歩いて行けば吟亭へ到着です。

 

一体感が生まれる!全員参加型のシマ唄を楽しんで♪

IMG_8132web

吟亭の目玉は「シマ唄」と「八月踊り・六調」。吟亭の女将でもあり、奄美を代表する唄者 松山美枝子さんのシマ唄を聞く事ができます。ライブは夜19時から。
三線の演奏者とともに松山さんがチヂンを鳴らしながらシマ唄を歌います。

IMG_2309new

ひととおりシマ唄を聞いた後は奄美の伝統的な踊り「八月踊り」や六調、ワイド節などのレクチャーを受け、お客さんも従業員も一丸となって踊ります。

恥ずかしがりやの方でも大丈夫。

踊っていると自然と笑顔が生まれ、初めて出会った隣の席のお客さんとも一緒に楽しむ事ができます。これぞシマの空気感!
IMG_8212

おいしいシマ料理に舌鼓…♪

IMG_0338のコピー

シマ唄を聴いている間、続々と席に運ばれてくる吟亭特製のシマ料理。
島もずく、とびんにゃ(マガキ貝)、島の車エビ、豚味噌、ハンダマの胡麻和え、マダ汁(イカの墨のお汁)などシマ料理を贅沢に堪能できるメニューとなっています。

IMG_0405のコピー

IMG_0423のコピー

素朴で美味しいシマ料理と、シマ唄で計3000円。(ドリンク別)

ご飯はいらないけれどシマ唄を聴きながら少し呑みたい、という方に少し低価格のセットもあります。

IMG_2256web

お座敷ほか、カウンター席もあるので一人から多人数まで対応可能。できれば予約して行ったほうがいいかもしれません。島料理と、シマ唄、黒糖焼酎を飲んで奄美大島ならではの空気に溶け込んでみてくださいね。

 

《飲食店の詳細は のんびり奄美で掲載中!》

吟亭(ぎんてい)

住所:奄美市名瀬金久町6-2

電話番号:0997-52-9646
営業時間:18:00-22:00
定休日:不定休
駐車場:なし

 

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

2010年に誕生した、シマを愛するすべての人々のための奄美群島地域情報サイト。日々あがってくるシマッチュたちのブログを主軸に、編集部が取材したグルメ・不動産・仕事・イベントなどの情報まとめなどを掲載。フリーペーパー「みしょらんガイド」「amammy」も配布中!しーまブログ

関連記事GOURMET 島食

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.