【奄美の七不思議その2】海賊の宝?!奄美市住用町に眠る”黄金”を探せ!

奄美市住用町 宝探し

奄美の不思議でたまらないことを探求する連載。

全7回でお届けします。

【奄美の七不思議その1】宇検村に現れる妖怪”ケンムン”の謎を追え!!!

▶【奄美の七不思議その2】海賊の宝?!奄美市住用町に眠る”黄金”を探せ!

 

 

奄美市住用町 宝探し

おはようございます。よーすけです。

ぼくは今、奄美市住用町のバンガローに来ています。

このバンガローは目の前には穏やかな海が広がっていますし、バーベキューもできるので家族や友達で泊まるには最高です。

奄美市住用町 宝探し

本当はぼくも友達と泊まる予定だったのですが、なぜかみんなドタキャンになってしまい一人で泊まっています。

このまま帰ってしまってもいいのですが、もったいない気がするので何か面白いことがないか、住用町を探検してみたいと思います。

 

よーすけ
「すみませーん。」

こうた
「はーい。」

 

出て来てくれたのはバンガローの管理人も勤めるNPO法人すみようヤムラランドの古薗孝太さん
古薗さんに住用町のことを聞いてみることにしました。

よーすけ

「住用町になにか面白いものありませんか?」

こうた

「たくさんありますよ。マングローブカヌーもできるし、川でタナガ獲りもできます。夜はアマミノクロウサギが見れますし、相撲見学もオススメですよ!」

奄美市住用町宝探し_6

よーすけ

「マングローブに相撲か・・・ もっと面白いことないの?超常現象みたいなこととかさ。」

こうた

「超常現象ですか・・・ あ!そういえば住用には海賊の宝が眠っているというウワサがあります。」

よーすけ

「海賊の宝?!?!すごいじゃん!どこにあるの?」

こうた

「ぼくも知らないんです。でも、住用町の市集落に住むしげにぃという人が知ってると聞いたことがあります。」

よーすけ

「いいじゃん!しげにぃのところまで案内してよ。」

こうた

「え、ぼく今仕事中なんですけど・・・」

 

半ば強引にこうたを仲間にし、しげにぃが住む住用町の市集落に向かうことになりました。

 

語り継がれる宝の伝説

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「すみませーん。」

こうた

「しげにぃいますかー?」

しげにぃ

「はーい。」

よーすけ

住用に海賊の宝が眠っていると聞いたんですけど、そんな話聞いたことありますか?」

しげにぃ

「あぁ、マッコヒジャのことだね。」

よーすけ

「マッコヒジャ?」

 

奄美市住用町 宝探し

しげにぃ

「マッコは”向かいの”、ヒジャは”海岸”ということなんだ。住用の山間集落から見える向かいの海岸に海賊の宝が眠ると言われているんだよ。」

よーすけ

「山間集落の向かいの海岸か・・・。宝って本当にあるんですか?」

しげにぃ

「本当にあるかどうかは分からないけど、昭和40年にある人が宝を探していたんだよ。島を出て広島で警察官をやってた人でね。宝の地図を見つけたからと島に戻ってきて、ずっと探しに行ってたらしいよ。宝探しを手伝っていた人から直接聞いたんだ。」

よーすけ

「宝の地図があったんですね!!!」

奄美市住用町 宝探し

しげにぃ

「警察官をやっていたほど真面目な人だったからね。その地図はかなり信用できるものだったんじゃないかと言われているよ。山間集落から向かいの山を見ると、ちょうど平になっているところがあるんだ。その辺りを掘っていたんじゃないかと俺は考えているね。」

よーすけ

「面白い!行ってみます!!!」

しげにぃ

「そういえば最近、住用で新たな黄金を見つけたんだけど、見に行ってみないかい?」

よーすけ

新たな黄金??宝じゃなくて?」

 

住用に眠る新たな黄金とは!?

奄美市住用町 宝探し

しげにぃ

「ここだよ。」

よーすけ

「どこ??」

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「コケしかないけど?」

しげにぃ

「葉から落ちる雫を下から見てごらん。」

奄美市住用町 宝探し

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「あ!雫が黄金色してる!!!」

しげにぃ

「だろ。雫に陽の光が当たってなぜかこういう色になるんだ。ここは車で走ってても絶対見つけられないからね。俺が“黄金のしずく”と名付けて看板を立てたんだ。」

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「確かに黄金でしたね。ここは島の人もまだあまり知らないかも!じゃあ、次は本物の黄金を探しに行ってみます!」

しげにぃ

「まずは山間集落にある石抱きガジュマルからマッコヒジャを見て場所を確認するといいよ!」

よーすけ

「ありがっさまりょーた!」

 

 

〜 CM 〜

 

宝探しに行く前に腹ごしらえ!奄美市住用町でお昼ご飯を食べるなら、島の素材にこだわったお店つむぎ庵がオススメ!

奄美市住用町 宝探し

看板メニューのそばは、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールがたっぷり入っていて、むくみに効く長命草をふんだんに使った長命草そばです。

奄美市住用町 つむぎ庵

素材は島で作られたものを選び抜いており、オクラ、シマ桑、ハンダマ、紫芋、パパイヤ、卵、お米が全て奄美大島産!野菜がたっぷり入ったかき揚げも美味しいです。

奄美市住用町 つむぎ庵

今後も島の素材を使ったメニューが増えるようなので楽しみですね!お昼ご飯は住用町のつむぎ庵へ!!

奄美市住用町 つむぎ庵

 

 

ドローンでマッコヒジャを調査

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「ここがしげにぃが言ってた石抱きガジュマルか。」

こうた

「石を抱くように生えてるから石抱きガジュマルなんですね。この対岸にあるのがマッコヒジャですよね。」

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「そう、まずはここから現場を調査してみよう。」

こうた

「どうやって調査するんですか?」

よーすけ

「こいつを使うんだよ。」

奄美市住用町 宝探し

こうた

「おぉ!!!ドローン!!!」

よーすけ

「しげにぃが『山が平らになっているところがある。』と言ってただろ。まずはそこをドローンで見てみよう。」

奄美市住用町 宝探し

こうた

「確かに平らになってますね。」

よーすけ

「でも遠くて掘り起こされた形跡は分からないな。もっと上から見てみよう。」

奄美市住用町 宝探し

こうた

「普通の森ですね・・・」

よーすけ

「・・・」

 

 

よーすけ

「もっと近くに行ってみよう!直接見てみないと分からない!!!」

 

 

伝説の宝を掘り起こせ!

奄美市住用町 宝探し

ガガガッ!!!

よーすけ

「本当にこの道で合ってるの?」

こうた

「もう少し抜ければ着くはずです。」

 

車一台通るのがやっとの山道を乗り越えて、ぼくらはマッコヒジャにたどり着いた。

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「お宝は目の前だ。何としても掘り起こすぞ!」

こうた

「はい!!よーすけ兄!」

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「あの上がさっきドローンで確認したところだな。」

こうた

「そうですね、登りますか?」

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「登れるような道はないな・・・」

こうた

「どうします?」

よーすけ

「ここまで来て手ぶらで帰れるか! よし、こうた!とにかく掘るぞ!!!」

こうた

「はい!!よーすけ兄!」

 

 

ザッザッ

宝探し1

 

 

 

ザッザッザッ

宝探し2

 

 

 

 

 

・・

 

 

 

5分後・・・

 

 

 

奄美市住用町 宝探し

よーすけ

「ハァハァ。こうた、伝説ってのはさ、伝説のままにしておく方がロマンがあると思うんだ。」

こうた

「ゼェゼェ。ですね、よーすけ兄。自分もそう思います・・・」

 

奄美市住用町 宝探し

こうして体力不足により、よーすけとこうたの奄美市住用町での宝探しは幕を閉じた。

残念ながら本物の黄金を見つけることはできなかったが、宝がないと証明できたものはまだいない。

 

探せ!この世のすべてがそこにある。

奄美大島に眠るひとつなぎの大秘宝を見つけるのは、あなたかもしれない

 

※住用の宝伝説について詳しく知りたい人は、NPO法人すみようヤムラランドへお問い合わせください。

NPO法人すみようヤムラランド

〒894-1113 奄美市住用町住用町見里510番地

事務局:TEL:0997-69-5081

http://yamuraland.org/

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

映像エディター/予備校スタッフ 兵庫県出身。奄美群島の文化に魅かれ、2017年1 月に奄美大島に移住。島暮らしや島の文化を伝えるために自身のメディア、離島ぐらし(http://rito-life.com/)を運営する。

関連記事ACTIVITY 島遊

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.