まるで秘密基地!お母さんもお子さんも安心して楽しめる民泊「はっぴーファーム」

 

奄美大島の中心部、名瀬市街地から国道58号線を南下して約20分に位置する奄美市住用町。広大なマングローブなど自然豊かなこの町では、島の生活と自然を生かした民泊が体験できます。
そんな民泊体験の窓口になっているのが「NPO法人すみようヤムラランド」。

住用町の活性化のために結成したヤムラランドは、地域の方々と協力して、民泊や体験プログラムなど、島の生活を直に感じられる様々な体験を提供しています。

今回は、ヤムラランドに登録されている民泊4軒のうち、「はっぴーファーム」を妻と2歳の息子と一緒に家族で体験してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お世話になる「はっぴーファーム」は、住用町にある観光施設「マングローブパーク」から国道58号線を瀬戸内町方面に少し進んだ集落「下役勝(しもやくがち)」にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(この看板が目印、ここを右折)

 

「はっぴーファーム」のオーナーは、坂本 志麻(さかもと しま)さん。

とっても笑顔が素敵な坂本さんは、獣医でもあり、保護司でもあり、さらには青年海外協力隊としてラオスにも赴任していたという、多彩な経歴の持ち主。すごい。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(左がオーナーの坂本さん、中央が旦那さん、右側は私の妻と息子です)

 

坂本さんご夫婦は、5年前に熊本県から移住された、いわばIターン組。

なんでも、熊本からトラックにジャージー牛とソーラーパネルを載せてやってきたというから、これまたすごい。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(これがそのソーラーパネル、「はっぴーファーム」の電力源になっています)

移住後、2014年に「はっぴーオーガニックファーム」という子どもの為のアニマルセラピーを行う施設を開設し、居場所が必要な子どもたちが動物や自然と触れ合いながら過ごせる場所として、無料でイベントやプログラムを提供されてきました。
そして民泊「はっぴーファーム」は、ご自身の活動を通して少しでも住用町の活性化に繋がればということで、2017年から始められました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(国指定天然記念物ルリカケスが頻繁に遊びに来るなど、自然を存分に感じられる素晴らしい環境)

「はっぴーファーム」は、すぐそこに国道があると思えないような大自然に囲まれていて、「子どもたちの居場所」という坂本さんの想いがこもったアイデアが豊富に散りばめられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(子どもたちに大人気の木に吊り下げられたブランコ)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(山の水を引いて作った、坂本さん自作のビオトープ)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(雨の日でも心配無用!ボルダリング体験!)

自然豊かで広大な敷地を活かして、ターザンごっこが出来るロープ、雨が降った後に出来る滝など、子どもの好奇心をくすぐる様な遊び場がたくさんありました。
そして、お部屋も子ども連れに嬉しい工夫の数々。

塗り絵や絵本、おもちゃなど、おうちの中でも退屈しません。

触っちゃいけないものは置かずに、遊び道具になるようなものを置くなど、子どもから目を離しても安心できるような工夫が凝らされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(お部屋に入ってすぐに絵本を発見。食いついて読み始める息子)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(子連れに嬉しいおむつやおしりふきまで。坂本さんの心配りが感じられます)

ここまで子ども連れに配慮された工夫の数々にも納得、なんと坂本さんご夫婦には、8人のお子さんがいらっしゃって、10人の大家族なんです!

子ども1人でも、てんやわんやなのに、8人のお子さんを育てながら、子どもたちの療育のための活動や民泊を行っているなんて、すごすぎです。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさん遊んだ後には、お楽しみの夕食。敷地内に植えられている野菜やハーブ、島産の食材を使った旦那さんお手製のお料理をお腹いっぱい頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
食事が終わったら、子ども達は第2ラウンド。さすが大家族に育つお子さんたち、しっかり息子の面倒見てくれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(みんなに遊んでもらって一番テンションの高い息子:中央奥)

就寝は夜9時。みっちり遊んでもらった息子は、大満足でぐっすりと寝ていました。
翌朝は、チェックアウトまでお菓子作り体験。

今回は、敷地内に植えられているハーブを使ったスコーン作りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(一緒にお庭でハーブを収穫)

作業はとっても簡単。お庭で取ったハーブを、チョコレートを練り込んだ生地の上に載せ、焼きます。
坂本さんが楽しく体験出来る様に状況に合わせてサポートしてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(2歳の息子も一緒にお菓子作り)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(スコーンが焼けるまでボルダリングに挑戦。大人もはまります)

 

そうこうしている間に、スコーンが焼き上がりました。

子どもと一緒に体験するお菓子作りは、子どもの意外な一面を発見できる楽しさもあり、旅の良い思い出になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(自作のスコーンにご満悦)

心も体もリフレッシュさせてくれる旅行は、本来、楽しいもの。

ただ、旅先の慣れない場所でも子どもの世話に追われて、余計に疲れしてしまうお母さんも多いのではないでしょうか。

旅行のたびに疲れてしまっては、家族で旅行する意欲も薄れてしまいかねません。
「はっぴーファーム」は、子どもが思いっきり楽しめるだけでなく、子育てを精一杯頑張っているお母さんにも旅行を楽しんでほしいという坂本さんの想いが、たくさん詰まっています。

今回の民泊体験中も、坂本さんご自身も小さなお子さんを抱っこしながら、家事や、宿泊者の対応に大忙しのはずなのに、笑顔を絶やさずに優しい語り口で、私の妻の事を常に気にかけて下さっていました。
「私が旅行に行ったら、こうしたいなあと思うことを心がけています」と、坂本さん。

そんな坂本さんの姿を見て、なんだか自分自身を振り返ってしまいました。

妻へのケアが行き届いているのかな、夫として、父親として…など自分自身を考えさせられました。

やっぱりみんなで楽しんでこその旅行ですものね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(いつも笑顔で小まめな気遣いでおもてなしする坂本さん)

 

坂本さんの「家族みんなが楽しんで欲しい」という想いが存分に体現された「はっぴーファーム」の民泊体験。

「子供が小さいから旅行はちょっと・・・」というご家庭でも、「はっぴーファーム」の民泊を体験してみては如何でしょうか?

奄美の豊かな自然に囲まれた中で、のびのびと楽しむ子供やお母さんの姿は、きっと家族の良い思い出になりますよ!

 

 

はっぴーファーム

鹿児島県奄美市住用町大字役勝123

<ご予約・お問い合わせ>

NPO法人 すみようヤムラランド

TEL:0997-69-5081

<ホームページ>

http://yamuraland.org/minshuku.html

 

この記事を書いたフォトライターPHOTO WRITER

奈良県生まれの横浜育ち。趣味の旅行で2009年に奄美大島に初めて訪れて以来、島ッチュと自然に魅了され、リピーターに。2011年、東京生まれの妻と奄美大島で結婚式を挙げる。島に来るたびに移住願望が増していき、2016年11月に家族で移住。現在、龍郷町地域おこし協力隊として活動中。

関連記事HOTEL 島宿

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.