イメージ画像

奄美市(名瀬)AMAMI-SHI(NASE)

「あまみっけ。」は、地元ライターの独自取材記事で奄美大島の新たな魅力を世界に広める、奄美大島の観光情報サイトです。「奄美市(名瀬)」に関する旅行や観光などのおすすめ記事が掲載されています。

名瀬は奄美群島の中心地である近代的小都市です。伝統工芸品本場奄美大島紬のふるさととしても有名です。 青く広がる海と太古の香りが息づく森林が隣りあわせになっています。

  • 奄美大島で島唄ゆかりの地と信仰の地を歩く ~芦花部集落めぐり~

    名瀬市街地から東シナ海沿いの県道を龍郷町方向に車で走ることおよそ30分。 カツオの一本釣りで有名な大熊漁港を過ぎ、奄美カントリークラブのある…

    2017年2月04日gooh

  • 島人の、島を思う心に火をつける“ハート屋”:麓 憲吾

    「音楽で島興しを!」と、1998年にライブハウス兼レストランバー「ROAD HOUSE ASIVI(アシビ)」をオープンした麓憲吾さん。 当…

    2017年1月26日gooh

  • 1日2組限定!フランス片田舎風コーディネートの宿「ハートマーケットウィークリー」

    扉を開けた瞬間、思わず「わぁ!」と声が出てしまう。 “ウィークリーマンション”が持つ無機質なイメージとはまったくかけ離れた空間が、この「ハー…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 島の心を歌う”もう一つの島唄”「奄美新民謡」~作曲家の久永美智子さんに聞く

    「新民謡」とは、大正末期から昭和初期にかけて全国的に流行した、いわば各地域の「ご当地ソング」。奄美でも同様にこの歌文化が広まり、昭和30年代…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 奄美の海・川の生きもの専門!「いま」を映し出す自然写真家・興克樹さん

    奄美の海の生きものについて知りたかったら、まずこの人にアクセスしてみるのが早道だ。 興克樹(おき・かつき)さん。神秘的なサンゴの産卵や豪快な…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 名瀬の街から車で5分!贅沢空間「スパリゾート奄美山羊島ホテル」

    奄美市の中心地である名瀬の屋仁川から県道81号線を車で走ること約5分。 名瀬湾に浮かぶ小さな島(山羊島)に建つ「スパリゾート奄美山羊島ホテル…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 奄美の自然がもたらす癒しを堪能「タラソ奄美の竜宮」

    奄美大島の中心地、名瀬から車で20分ほどの大浜海浜公園の近くにある「タラソ奄美の竜宮」。自然豊かな島の恵みを体に取り入れ、身体機能を活性化さ…

    2017年1月26日山田 久美子

  • 聖水~龍~マリア像 奄美市名瀬大熊のパワースポットを巡る

    奄美市名瀬の中心部から北部へ向かうトンネルをひとつ越え、いわゆる「上方(かみほう)」エリアに位置する大熊集落は、住宅も多く活気あふれる集落だ…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 奄美市名瀬街を一望できるサンセットビューポイント「大熊展望台」

    行くたびに、あぁ、ここで毎日夕陽を見れたら最高だろうなあ、と思う場所がある。 奄美市名瀬大熊。中心市街地から程近く、天気がよければ思いつきで…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 【体験型観光】アッタドコネ収穫体験・集落歩きバスツアー・・・アッタ(有良)にも龍の目がアッタ!?

    弊社は奄美大島の全域を走るバス会社、「しまバス」と申します。 日々、地域の方々を乗せて島中を走る路線運行のほか、季節の折々には様々な企画でバ…

    2017年1月26日武住 清正

  • ダイビングもホエールウォッチングも!島の海遊びは「マリンスポーツ奄美」で

    四方を海に囲まれた奄美大島では、一年中、様々なマリンスポーツを楽しむことができます。 年間を通して多くのダイバーが訪れるほど、ダイビングは人…

    2017年1月26日gooh

  • ストイックなまでに、まっすぐに島唄に向き合う若手唄者:前山真吾

    2011年に奄美民謡大賞を受賞した、唄者の前山真吾(まえやま・しんご)さん。 若手では女性唄者の活躍が目立つ中、10年ぶりの男性唄者の大賞受…

    2017年1月26日gooh

  • 自然の生命力で癒される時間を。本格タラソテラピーが楽しめる“タラソ奄美の竜宮”

    奄美大島の名瀬街近くにあるサンセットポイント・大浜海浜公園。 こちらは市民の憩いの場として人気のスポットですが、園内には、ここでしか楽しめな…

    2017年1月26日井田陽平

  • 毎日の暮らしに島を感じる小物を 大島紬とレザーのコラボレーション「紬 レザー かすり」

    奄美大島を代表する特産品の大島紬と皮革を組み合わせた作品が特徴の「紬 レザー かすり」。 お店には、「若い人が普段の生活で使える、大島紬の小…

    2017年1月26日gooh

  • 奄美初!本格的ライブハウス「ROADHOUSE ASIVI」

    「ROADHOUSE ASIVI(アシビ)」は、ロック、ポップス、ジャズ、DJイベント、島唄など、ジャンルを問わず音楽を楽しめる、奄美初の本…

    2017年1月26日山田 久美子

  • 鳥の目線で楽しむ青のグラデーション! 空と海に溶け込むパラグライダー体験

    泳ぐもよし、潜るもよし。それだけじゃない奄美の海の楽しみ方……それはパラグライダー! ひとたび大空へ舞い上がれば「こんなに表情の変化があるの…

    2017年1月26日泥ぬ マコ

  • 奄美が”アメリカ”だったとき~知られざる奄美の歴史の跡を巡る

    奄美群島には、実は日本ではなかった時代が存在します。 第2次世界大戦後、奄美群島は沖縄と同じく日本から切り離され、米軍統治下に置かれました。…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 自然をまとい、内外からエネルギーで満たされる身体へ。古代染色のヨガウェア

    泥染という古代染色の伝統技術   「Amami Aina」(アマミアイナ)という奄美発ブランドの古代染色の技法・泥染で染めたヨガウ…

    2017年1月26日福永千景

  • 奄美の自然を守り続ける男 奄美マングースバスターズ:白石聡

    「幼いころ、探検家のドキュメンタリーを見て自分も探検家になりたいと思った。」 「奄美マングースバスターズ」になったきっかけを楽しそうにキラキ…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 一度体験したらハマること間違いなし!「奄美自然学校」で朝から晩まで島遊び

    奄美大島に行くからには、朝から晩まで思いっきり遊びたい! そんな方におすすめのツアーガイドがこちら、「奄美自然学校」。 ガイドの永江直志さん…

    2017年1月26日gooh

Copyright © 2016 奄美大島観光物産協会 All Rights Reserved.