イメージ画像

奄美市(名瀬)AMAMI-SHI(NASE)

「あまみっけ。」は、地元ライターの独自取材記事で奄美大島の新たな魅力を世界に広める、奄美大島の観光情報サイトです。「奄美市(名瀬)」に関する旅行や観光などのおすすめ記事が掲載されています。

名瀬は奄美群島の中心地である近代的小都市です。伝統工芸品本場奄美大島紬のふるさととしても有名です。 青く広がる海と太古の香りが息づく森林が隣りあわせになっています。

  • 「ただいま」と言って訪れたくなる場所、奄美郷土料理居酒屋「一村」

    名瀬、屋仁川のやんご通りを進み右手にコンビニ、ライブハウスASIVIを見ながら、奥へ5ブロック行くと右手の角に緑で覆われた一角が現れます。 …

    2017年1月26日はしぐち たけし

  • 「あるがまま」を受け入れる「富田酒造場」

    名瀬、入舟町の住宅街の裏手、山の一角に富田酒造場はあります。 住宅やマンションが立ち並ぶ中、この場所だけ時が止まったようです。 この市街地に…

    2017年1月26日はしぐち たけし

  • 島唄を記録して60年!オリジナルレーベルで島の唄文化を支える「セントラル楽器」

    奄美の島唄を知りたい、聴きたいと思ったら、まずは奄美市名瀬の中心商店街にある「セントラル楽器」を訪れてみてはいかがでしょうか。 こちらは、楽…

    2017年3月14日麓 卑弥呼

  • レトロな空間で、島黒豚のヨーロッパ家庭料理に舌鼓「架空食堂 Kurau/クラウ」

    全面ガラス戸の「架空食堂Kurau/クラウ」は、夜闇の中でも柔らかい明るさを放っています。店内に広がるのは、タイムスリップしたかのようなレト…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 黒糖焼酎造りと音楽に感じるシンクロニシティ。杜氏見習い兼ミュージシャン:西平せれな

    杜氏(とうじ)と言うと、男の世界だという印象を持つ人が多いのではないだろうか。しかし、せれなさんは自分が杜氏になることを幼い頃から考えていた…

    2017年3月14日三谷晶子

  • 親子でシマ唄を紡ぐ「奄美ちぢん・三味線製作所」

    奄美市名瀬伊津部町にある「奄美ちぢん・三味線製作所」 お店の代表である昇和美さんは、高校卒業後、進学のため上京し、十数年都会でお仕事をされた…

    2017年3月14日古林洋平

  • 目指せ!!シマの食材で地産地消 「大虎ん」

    名瀬は金久町のグリーンストアの向かい、酒屋さんの横にある「大虎ん」。 中に入るとすぐに、2階の座敷に上がる階段と6名ほど座れそうな座敷とカウ…

    2017年1月26日はしぐち たけし

  • 心の中にある「架空の島」を本当に。アウトドアウェアブランドdevadurga代表:島崎仁志

    18歳。高校を卒業すると、奄美大島に生まれ育った人々は大抵、一度は島を出るという。島崎さんも、その一人だった。 「もともと兄が自衛隊に勤めて…

    2017年3月14日三谷晶子

  • 余興から生まれた人気者!島唄漫談バンド「サーモン&ガーリック」

    奄美大島では、結婚式はもちろん、歓迎会、敬老会など、様々なお祝いの席で余興が披露されています。 子どものころから、集落の集まりなどで歌や踊り…

    2017年3月14日gooh

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.