イメージ画像

龍郷町TATUGO-CHO

「あまみっけ。」は、地元ライターの独自取材記事で奄美大島の新たな魅力を世界に広める、奄美大島の観光情報サイトです。「龍郷町」に関する旅行や観光などのおすすめ記事が掲載されています。

龍郷町は空港を持つ笠利と港を持つ名瀬との中間地点に位置していて、空港や船へのアクセスがとてもいい場所です。 平家伝説や西郷南洲謫居跡、秋名アラセツ行事など、多くの歴史を持つ町で大島紬の代表的な柄である『龍郷柄』、『秋名バラ』発祥の地でもあります。

  • 奄美のダイビング&シュノーケルスポット!眺めるのも潜るのも綺麗な海「倉崎海岸」

    トリコになる奄美のエメラルドブルーの海に出会う道のり 奄美の海岸のなかでも、トップクラスの美しさを誇る倉崎海岸(くらさきかいがん)。エメラル…

    2017年1月26日トヨヤマ コトネ

  • 手作りのおもてなしが沢山詰まった海辺の宿「なべき屋」【龍郷町安木屋場】

    龍郷町安木屋場集落の県道81号沿いに、集落唯一の民宿「なべき屋」はある。夏になると目の前の海岸にはウミガメが卵を産んだり孵化(ふか)する姿を…

    2017年1月26日トヨヤマ コトネ

  • 奄美自然観察の森で出会う、奄美大島の動植物【秋~冬編】

    春~夏の植物は綺麗さで目を引きますが、秋~冬の植物は形や花が出る部分の面白さで目を引きます。植物の面白さを求めるなら私は秋~冬をお勧めします…

    2017年1月26日奄美自然観察の森 自然観察指導員 川畑 力

  • 妥協なき仕事から生まれる味!地鶏の黄金スープでいただく「ひさ倉」の鶏飯

    奄美空港方面から名瀬へ向かう国道58号線。空港と名瀬の中間あたりに、笑顔で手招きをするニワトリの親子のイラストが目印の「けいはんひさ倉」があ…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 奄美伝統の大島紬の工程見学•体験できる亜熱帯植物庭園「大島紬村」

    奄美大島の伝統工芸品で代表的な「大島紬」。 龍郷町赤尾木にある「大島紬村」では大島紬の伝統、実際の製造現場の見学や泥染めなどの各種体験ができ…

    2017年1月26日トヨヤマ コトネ

  • 奄美自然観察の森で出会う、奄美大島の動植物【春~夏編】

    奄美といえば透明の海や珊瑚礁、熱帯魚の美しさのイメージが強いかもしれませんが、実は島の約8割は山間部で、ほぼすべてが山の島です。この山のなか…

    2017年1月24日奄美自然観察の森 自然観察指導員 川畑 力

  • 太平洋と東シナ海、二つの海を間近に感じる「さとの家」

    奄美大島の地図を見ると、首のように細くなった部分があります。両側を海にはさまれた龍郷町の赤尾木集落。そこに「さとの家」はあります。 赤尾木集…

    2017年1月26日別府亮

  • 400年の歴史を誇る龍郷町•秋名集落の豊年祭「ショチョガマ」「平瀬マンカイ」

    龍郷町にある秋名集落では毎年旧暦の8月初丙の日にアラセツ(新節)の行事として「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」を行います。 山と海の神様(稲…

    2017年1月26日トヨヤマ コトネ

  • 特別な奄美のシマ時間を感じる。龍郷町安木屋場の海岸線を夕暮れ散歩。

    奄美の夏の夕暮れに海沿いで散歩をするのが好き。昼の強い陽も落ち着いて、暑くもなく寒くもない。 身体をすり抜ける南国の風が心地よく、綺麗な夕日…

    2017年1月26日トヨヤマ コトネ

  • 絶景サンセットで締めくくる。夕陽のふるさと安木屋場の集落巡り

    龍郷町にある安木屋場(アンキャバ)集落は東シナ海に面した人口わずか170人ほどの集落。 集落に入ると「夕陽のふるさと」と書かれた柱があった。…

    2017年1月26日トヨヤマ コトネ

  • 南国の植物と美しい蝶との出会い「ビッグⅡ フルフラガーデン」

    奄美のショッピングセンターと言えば、龍郷町の「ビッグⅡ(ツー)」。 品揃えが豊富で、日用品からお土産までカバーしてくれる頼もしいお店です。 …

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • サーファーに愛されるアットホームな宿「GREEN HILL」

    奄美大島で一番のサーフポイント、龍郷町手広ビーチのすぐそばにある「Amamian Style Pension GREEN HILL(グリーン…

    2017年1月26日gooh

  • 島豆腐の魅力を心ゆくまで堪能できる 老舗豆腐屋直営のレトロなお食事処「島とうふ屋」

    龍郷町中勝にある島とうふ屋は、島の老舗とうふ屋・高野豆腐店が営むお食事どころ。 島の食材・味にとことんこだわる「若夫婦」が先代の父母の味を受…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 「龍の目」のふるさと散歩~”マツリイシ”と”ミヤガジュマル”に出会う

    一年のうち、春分と秋分の日前後数日のみに出会える、奄美大島一の神秘的なサンセット・「龍の目」。この龍の目が見られる龍郷町円集落は、かつては大…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • ぐるり270°海!オリジナルイベントでディープ体験「ネイティブシー奄美」

    刻々と変化する海と空、贅沢すぎる景色 とにかく驚くのが海の青さと輝き。 吸い込まれそうな青、キラキラと眩しいエメラルドグリーン、真っ白な砂浜…

    2017年1月26日泥ぬ マコ

  • 幻の島豚、奄美黒毛島豚も味わえる「豚豚亭 龍郷道場」

    龍郷町国道58号線沿いにある、「豚豚亭(とんとんてい)龍郷道場」。 白い壁に書かれたかわいらしい豚さんマークと、看板前に設置されているコック…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 奄美の海を後世に。海と生きるプロサーファー 碇山勇生

    碇山勇生 JPSA 公認プロサーファー パタゴニアサーフアンバサダー 龍郷町出身。赤尾木にあるサーフショップ「Can.nen Surf」を経…

    2017年1月26日トヨヤマ コトネ

  • 龍が眠るシマ、龍郷町円集落 まあるくまったりゆったり、時が流れる商店へどうぞ

    一年のうち、春分と秋分の時期だけに見られる、神秘のサンセット「龍の目」。 これが見られるのが龍郷町円集落にあるかがんばなトンネル。時期になれ…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 海まで10秒!とびきりの笑顔と地場産料理が魅力の宿「マリンテラス」

    「いらっしゃい~!」。いつもニコニコ笑顔のおばちゃんとおじちゃんが出迎えてくれる、アットホームな宿が龍郷町赤尾木にあります。料理はおばちゃん…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 島の野菜を使ったこだわりのイタリアン「osteria fiore」

    「osteria fiore(オステリア フィオーレ)」は、ランチタイムからカフェタイム、ディナーまで楽しめるお店。 島の野菜を積極的に使用…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

Copyright © 2016 奄美大島観光物産協会 All Rights Reserved.