イメージ画像

大和村YAMATO-SON

「あまみっけ。」は、地元ライターの独自取材記事で奄美大島の新たな魅力を世界に広める、奄美大島の観光情報サイトです。「大和村」に関する旅行や観光などのおすすめ記事が掲載されています。

大和村は奄美大島中部西側に位置しています。奄美の深い山々におおわれ、天然林が生い茂っており、ダイナミックな自然の景観を楽しむことができます。 北は東シナ海に面し、甘い香りと潤いがいっぱいのフルーツビレッジとしても知られています。

  • 期間限定! 太陽と立神がつくる夕陽の絶景 大和村戸円のロウソク岩

    トカラ馬もいる、戸円という集落 奄美大島の西海岸に伸びる大和村に、戸円(とえん)という集落がある。見上げるような山を背負い、前面には東シナ海…

    2017年1月26日小海ももこ

  • 島の暮らしをディープに体験!「国直集落まるごと体験交流」

    私たちの暮らす国直集落(大和村)は人口120人足らずの小さな集落。国定公園の宮古崎や国直海岸、アダン林やフクギ並木など美しい自然が広がる。人…

    2017年1月26日中村 修

  • 親子漁師と漕ぎ出す奄美の海【名音の海を知り尽くした勝山親子の仁太丸ツアー】

    奄美大島の西海岸に面した大和村は、風光明媚で、豊かな水産資源で釣り人にも人気のエリアだ。大和村の名音(なおん)は、急勾配の山を背負い、東シナ…

    2017年1月26日小海ももこ

  • 突撃レポート!奄美大島に移住して初めての大和村思勝集落「キトバレ踊り」

    私はIターンで、大和村の思勝(オンガチ)という集落に住み始めてもうすぐ5か月になる。大和村役場や奄美野生生物保護センターの近くで、名瀬市街地…

    2017年1月26日小海ももこ

  • 旅人を癒す、すがすがしい聖地・マテリヤの滝の物語(奄美大島大和村)

      奄美大島の西側に位置し、夕陽の美しい大和村は、豊かな森を抱く村でもある。ここに、昔から聖地として有名な滝がある。  …

    2017年1月26日小海ももこ

  • 嶺山公園でなにを祈る? 東シナ海に突き出した岬で絶景ピクニック

    初めて訪れたのは、今年の4月下旬。 その日は風が強くて、展望台に登ったら空に舞い上がりそうだった。でも、そこから視界いっぱいに広がる水平線と…

    2017年1月26日小海ももこ

  • 奄美の山とイノシシを知り尽くす伝説の猟師:元直良

    リュウキュウイノシシは、奄美諸島や沖縄本島、先島諸島に分布するイノシシの固有亜種。奄美大島に生息する哺乳類の中で最も大きく、島民の貴重なタン…

    2017年1月26日中村 修

  • 笑顔がすてきな女将さん&家族で営む手作りの宿「民宿さんごビーチ」

    大和村国直集落の穏やかなビーチに面した宿、「民宿さんごビーチ」。 人懐っこい笑顔があったかい印象の女将、江崎幸代さんと2人の息子さんたちが営…

    2017年1月26日gooh

  • 100年後を考えたシマ作り、国直の未来を築くオサム兄の話

    奄美大島の真ん中あたりの西側に大和村はある。夕陽が海に沈むサンセットポイントがたくさんあり、国直集落もそのひとつだ。 中村修さんは、大和村の…

    2017年1月26日小海ももこ

  • ワキャシマヌウタ(ふるさとの唄)を唄う「大棚集落八月踊り保存会」

    アラセツ、シバサシ、十五夜と続く旧暦の八月は奄美大島に暮らす人々にとって歳時を区切る神聖な月だ。 稲の収穫を終え、労働から解放された喜びと、…

    2017年1月26日中村 修

  • 【体験型観光~大和村編②】復活した伝統漁法を体験~トビウオローブ引き漁~

    トビウオは奄美大島の人々にとって懐かしい初夏の味だ。野山にイジュの花が咲き、海岸にはウミガメが産卵に訪れる5月中旬。梅雨入りと共にトビウオの…

    2017年1月26日中村 修

  • 【体験型観光~大和村編①】風に身を任せ海上を漂う爽快感~SUP~

    SUP(サップ) Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード) 今、巷で話題の「SUP(サップ)」をご存じだろうか…

    2017年1月26日中村 修

  • 夕陽の名所「国直」で、福を呼ぶフクギの並木に願いを込める

    奄美市名瀬から車で、海岸沿いの県道79号線を西に走れば、30分くらいで大和村に入ります。 大和村に入ってすぐ、海に突き出た宮古崎をすぎ、カー…

    2017年1月26日小海ももこ

  • ネリヤカナヤからの使者“ウミガメ”を見守る国直の人々

    奄美大島、大和村の国直海岸はどこよりも住民に利用される海岸だ(と、あえて筆者は断言したい)。 男たちは目の前の海に潜り魚やエビを捕る。婦人た…

    2017年1月26日中村 修

  • 見て、触れて、五感で学べる!奄美の自然を知る施設「奄美野生生物保護センター」

    世界的に見てもその希少性と特異性が認められている奄美群島の自然。ここに生息する貴重な野生生物について学べる施設がこちら、「環境省奄美野生生物…

    2017年1月26日麓 卑弥呼

  • 日々の暮らしに幸せを感じさせる夕日~大和村国直海岸~

    僕の住む大和村の「くんにょり(国直)」は人口120人足らずの小さな集落。奄美市名瀬から30分という立地にありながら国定公園宮古崎や白砂の国直…

    2017年1月26日中村 修

  • 太陽の恵みがいっぱい!心も体も元気になれる「大和まほろば館」

    奄美市名瀬から県道79号線を南に走ること、車で40分。国直サンセットパークを越えて大和村大棚集落に入ると左手側に見えるオレンジ色の建物が「大…

    2017年1月26日山田 久美子

  • 【草木染&cafe てるぼーず】美しい海と波の音 スローな空間でいただくスローな食事を楽しもう

    大和村を代表するビーチである国直海岸に面している「てるぼーず」。 静かな環境に建つログハウス風の店舗は、開放的で島のスローな風を感じられる空…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • ウエスタン風隠れ家カフェ【ウエスターナーズカフェ】

    「ウェスターナーズカフェ」は、大和村戸円の県道79号線沿いにひっそりと佇む赤いウエスタン風のお店。地元のライダーやドライブ途中の人が多く立ち…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 国直集落に伝わる夏の風物詩「アイノコ舟」と「舟漕ぎ競争」

    奄美大島中部に位置する大和村の国直海岸。 水平線に夕日が傾き西の空が茜色に染まる頃、人々は示し合わせた様に海岸へと降りてくる。 海水浴に興じ…

    2017年1月26日中村 修

Copyright © 2016 奄美大島観光物産協会 All Rights Reserved.