イメージ画像

島食GOURMET

あまみっけ。には奄美大島の食(食べもの、食材)に関するおすすめ記事が掲載されています。

奄美の郷土料理・鶏飯をはじめ、南国のフルーツや島野菜、島豚など、食材にあふれた魅力ある場所です。地元を熟知するフォトライターが記事を書いているため、ガイドブックにはない食のお得情報が満載です。是非、奄美大島の「島食」をご堪能ください。

  • トロッと濃厚な味わい。磯の香りが口いっぱいに広がる「漁師料理 番屋(ばんや)」

    龍郷町円(えん)集落にある、「かがんばなトンネル」。このトンネルごしに夕日が見える現象は「龍の目」と呼ばれ、奄美の夕日スポットとして有名だ。…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 夕日とセットで楽しみたい!地鶏の黄金スープでいただく「ひさ倉」の鶏飯

    龍郷町の円集落に位置する「かがんばなトンネル」は、春分の日の前と秋分の日の後のそれぞれ数日間、トンネルに夕日がすっぽりと入る「ドラゴンアイ(…

    2017年1月24日しーまブログ編集部

  • 奄美の海で心も体も満足!奄美の絶品海の幸が食べられる、「鰹の家housei」

    奄美市名瀬大熊の「宝勢丸」といえばしまっちゅ(島人)の間では有名なカツオ漁船。 宝勢丸から水揚げされた新鮮なカツオやシビ(キハダマグロ)を目…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 【奄美小町】漁師の女将さんが作る地場産お魚料理

     奄美市名瀬の大浜海浜公園の夕日を眺める前に、島のおいしい魚料理で腹ごしらえはいかがでしょう。名瀬漁港に水揚げされた魚だけを料理して提供して…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 「ただいま」と言って訪れたくなる場所、奄美郷土料理居酒屋「一村」

    名瀬、屋仁川のやんご通りを進み右手にコンビニ、ライブハウスASIVIを見ながら、奥へ5ブロック行くと右手の角に緑で覆われた一角が現れます。 …

    2017年1月26日はしぐち たけし

  • 生命の恵みに感謝し、いただく。自然から活力をもらえるカフェ「MABURAI(マブライ)」

    加計呂麻島生間港より、車で約20分。携帯の電波も入らない小さな集落、徳浜に2015年MABURAIはオープンしました。 現在5世帯が住む集落…

    2017年1月26日三谷晶子

  • 「ばぁーば」がつくる、おいしいパスタと心地よい時間(トキ)を楽しむ 「夢紅」

    奄美空港から名瀬に向かう途中、左手に、ばしゃ山村、奄美きょら海工房を過ぎると、紅の壁の一軒家が見えてきます。 その一軒家の中に、陶工房 「夢…

    2017年1月26日はしぐち たけし

  • レトロな空間で、島黒豚のヨーロッパ家庭料理に舌鼓「架空食堂 Kurau/クラウ」

    全面ガラス戸の「架空食堂Kurau/クラウ」は、夜闇の中でも柔らかい明るさを放っています。店内に広がるのは、タイムスリップしたかのようなレト…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • ひんやりとろける島素材ジェラート専門店「 La Fonte/ラフォンテ」

    奄美空港から県道82号線を名瀬方面へ車を走らせること15分、真っ白な建物が目印の「La Fonte(ラ フォンテ)」で島素材のジェラートを楽…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 島の「命薬(ヌチグスリ)」をぎゅっと詰め込んだハーブソース「カケロマ島ジェノベーゼ」

    あまみ長寿食材、という名前を知っていますか? あまみ長寿食材とは、鹿児島県によって平成15年度に調査された、奄美群島の90歳以上の元気なお年…

    2017年1月26日三谷晶子

  • 目指せ!!シマの食材で地産地消 「大虎ん」

    名瀬は金久町のグリーンストアの向かい、酒屋さんの横にある「大虎ん」。 中に入るとすぐに、2階の座敷に上がる階段と6名ほど座れそうな座敷とカウ…

    2017年1月26日はしぐち たけし

Copyright © 2016 奄美大島観光物産協会 All Rights Reserved.