イメージ画像

島食GOURMET

あまみっけ。には奄美大島の食(食べもの、食材)に関するおすすめ記事が掲載されています。

奄美の郷土料理・鶏飯をはじめ、南国のフルーツや島野菜、島豚など、食材にあふれた魅力ある場所です。地元を熟知するフォトライターが記事を書いているため、ガイドブックにはない食のお得情報が満載です。是非、奄美大島の「島食」をご堪能ください。

  • まるで秘境?!ディープにハマる村で結いの心を頂く「やけうちの宿 宇検食堂」

    奄美の奥座敷宇検村にある「奄美のとぅぐら宇検食堂」は、地元食材を取り入れた和洋中・郷土料理が楽しめるお店です。 食堂と言っても大衆食堂のイメ…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 島豆腐の魅力を心ゆくまで堪能できる 老舗豆腐屋直営のレトロなお食事処「島とうふ屋」

    龍郷町中勝にある島とうふ屋は、島の老舗とうふ屋・高野豆腐店が営むお食事どころ。 島の食材・味にとことんこだわる「若夫婦」が先代の父母の味を受…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 【あまみっけ。PRアイドル活動レポ②】 AKB48小嶋菜月さん&加藤玲奈さん 都内の奄美居酒屋で島ごはんを初体験!

    この春から「あまみっけ。」のPRアイドルに就任するべく活動中のAKB48小嶋菜月さんと、加藤玲奈さん。まずは奄美を知るために、東京・新橋にあ…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 幻の島豚、奄美黒毛島豚も味わえる「豚豚亭 龍郷道場」

    龍郷町国道58号線沿いにある、「豚豚亭(とんとんてい)龍郷道場」。 白い壁に書かれたかわいらしい豚さんマークと、看板前に設置されているコック…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 奄美のソウルフード「ウワンフネヤセ(塩豚肉と野菜の煮物)」

    ウワンフネヤセ(塩豚肉と野菜の煮物)は奄美大島伝統の正月料理だ。大晦日にウワンフネヤセを食べ、家族そろって新年を迎えるのがシマッチュ(島人)…

    2017年1月26日中村 修

  • タンカンの味をいつでも!ドライブ休憩にもぴったりな「サン奄美」

    奄美でも有名な農産物・加工品の直売所「サン奄美」。 奄美市名瀬から住用方面へ国道58号線を20分ほど走ると、右手に見えてきます。 地域の女性…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 海づくし!新鮮な魚屋さんの海鮮丼を食べて夕日を見に海へ。「島魚 あま海」

    夕日の名所が多くある南部・瀬戸内町。サンセット鑑賞の前に、町一番の中心地・古仁屋散策はいかがでしょうか。漁業や養殖が盛んな瀬戸内町ではぜひ魚…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 穏やかな港に静かに沈む夕日を眺めよう。絶景カフェ&レストラン「てやん」

    島の南部に位置する古仁屋の中心部から西へ海沿いに車を走らせること約5分。 古仁屋散策の締めくくりは、南国風のカフェ&レストラン「てやん」で過…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 丼ものから懐石料理まで皆に愛される老舗店「丸屋レストラン」

    西古見海岸で夕日を楽しむ前にぜひ腹ごしらえしてほしいのが人気老舗定食屋丸屋レストランです。 古仁屋郵便局隣にある創業30年以上続く丸屋レスト…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • “秘密にしたい夕日”に出会える村で腹ごしらえ!「やけうちの宿 宇検食堂」

    宇検村役場から、西へ車を走らせること約35分。 奄美大島の中でもとびっきり美しい「タエン浜海水浴場」で、夕日を楽しみませんか? 「屋鈍崎」と…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 太陽の恵みがいっぱい!心も体も元気になれる「大和まほろば館」

    奄美市名瀬から県道79号線を南に走ること、車で40分。国直サンセットパークを越えて大和村大棚集落に入ると左手側に見えるオレンジ色の建物が「大…

    2017年1月26日山田 久美子

  • 【草木染&cafe てるぼーず】美しい海と波の音 スローな空間でいただくスローな食事を楽しもう

    大和村を代表するビーチである国直海岸に面している「てるぼーず」。 静かな環境に建つログハウス風の店舗は、開放的で島のスローな風を感じられる空…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • ウエスタン風隠れ家カフェ【ウエスターナーズカフェ】

    「ウェスターナーズカフェ」は、大和村戸円の県道79号線沿いにひっそりと佇む赤いウエスタン風のお店。地元のライダーやドライブ途中の人が多く立ち…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 窓から差し込む夕日を眺めながら、優しさを味わう古民家カフェ「和風茶屋こっち」

    かがんばなトンネルの夕日とセットで立ち寄ってほしい、龍郷町瀬留集落にある和風茶屋こっち。 どこか懐かしさを感じる古民家調のカフェでは、10品…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • トロッと濃厚な味わい。磯の香りが口いっぱいに広がる「漁師料理 番屋(ばんや)」

    龍郷町円(えん)集落にある、「かがんばなトンネル」。このトンネルごしに夕日が見える現象は「龍の目」と呼ばれ、奄美の夕日スポットとして有名だ。…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 夕日とセットで楽しみたい!地鶏の黄金スープでいただく「ひさ倉」の鶏飯

    龍郷町の円集落に位置する「かがんばなトンネル」は、春分の日の前と秋分の日の後のそれぞれ数日間、トンネルに夕日がすっぽりと入る「ドラゴンアイ(…

    2017年1月24日しーまブログ編集部

  • 奄美の海で心も体も満足!奄美の絶品海の幸が食べられる、「鰹の家housei」

    奄美市名瀬大熊の「宝勢丸」といえばしまっちゅ(島人)の間では有名なカツオ漁船。 宝勢丸から水揚げされた新鮮なカツオやシビ(キハダマグロ)を目…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 【奄美小町】漁師の女将さんが作る地場産お魚料理

     奄美市名瀬の大浜海浜公園の夕日を眺める前に、島のおいしい魚料理で腹ごしらえはいかがでしょう。名瀬漁港に水揚げされた魚だけを料理して提供して…

    2017年1月26日しーまブログ編集部

  • 「ただいま」と言って訪れたくなる場所、奄美郷土料理居酒屋「一村」

    名瀬、屋仁川のやんご通りを進み右手にコンビニ、ライブハウスASIVIを見ながら、奥へ5ブロック行くと右手の角に緑で覆われた一角が現れます。 …

    2017年1月26日はしぐち たけし

  • 生命の恵みに感謝し、いただく。自然から活力をもらえるカフェ「MABURAI(マブライ)」

    加計呂麻島生間港より、車で約20分。携帯の電波も入らない小さな集落、徳浜に2015年MABURAIはオープンしました。 現在5世帯が住む集落…

    2017年1月26日三谷晶子

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.