イメージ画像

島景SCENERY

あまみっけ。には奄美大島の風景に関するおすすめ記事が掲載されています。

あやまる岬や大浜海浜公園、国直海岸などのおすすめサンセットや奄美市住用のマングローブなど奄美の大自然をご紹介します。地元を熟知するフォトライターが記事を書いているため、ガイドブックにはないおすすめスポットが満載です。是非、奄美大島の「島景」を見に来てください。

  • 400年の歴史を誇る龍郷町•秋名集落の豊年祭「ショチョガマ」「平瀬マンカイ」

    龍郷町にある秋名集落では毎年旧暦の8月初丙の日にアラセツ(新節)の行事として「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」を行います。 山と海の神様(稲…

    2017年3月14日トヨヤマ コトネ

  • 特別な奄美のシマ時間を感じる。龍郷町安木屋場の海岸線を夕暮れ散歩。

    奄美の夏の夕暮れに海沿いで散歩をするのが好き。昼の強い陽も落ち着いて、暑くもなく寒くもない。 身体をすり抜ける南国の風が心地よく、綺麗な夕日…

    2017年3月30日トヨヤマ コトネ

  • 奄美市名瀬街を一望できるサンセットビューポイント「大熊展望台」

    行くたびに、あぁ、ここで毎日夕陽を見れたら最高だろうなあ、と思う場所がある。 奄美市名瀬大熊。中心市街地から程近く、天気がよければ思いつきで…

    2017年3月30日麓 卑弥呼

  • 加計呂麻島の歴史とともに集落を見守る立神に沈む夕陽「西阿室」

    奄美大島の南部、古仁屋港から船で20分ほどの加計呂麻島。ふたつある港のうちのひとつ、瀬相港から車で10分ほどの西阿室集落は、加計呂麻島内で二…

    2017年3月30日三谷晶子

  • 美しさに息をのむ。浴びるような黄金の花と夕陽を楽しむ奄美市住用サンセットコース

    奄美大島では、早めの梅雨明けからギラギラの夏日が続きました。 7月初旬、空気は抜け通るように澄んでいて、海と空がその青さを競い合っています。…

    2017年3月30日伊達 優

  • 絶景サンセットで締めくくる。夕陽のふるさと安木屋場の集落巡り

    龍郷町にある安木屋場(アンキャバ)集落は東シナ海に面した人口わずか170人ほどの集落。 集落に入ると「夕陽のふるさと」と書かれた柱があった。…

    2017年3月30日トヨヤマ コトネ

  • 淡水と海水が交わる「水の道」を見られる宇検村の浜・ケタグラ

    宇検村へ入り、宇検村湯湾集落から宇検集落方面へとやけうち湾沿いに車を走らせること、15分。 4つ目の集落・生勝(いけがち)集落へ到着します。…

    2017年3月30日福永千景

  • 嶺山公園でなにを祈る? 東シナ海に突き出した岬で絶景ピクニック

    初めて訪れたのは、今年の4月下旬。 その日は風が強くて、展望台に登ったら空に舞い上がりそうだった。でも、そこから視界いっぱいに広がる水平線と…

    2017年3月30日小海ももこ

  • 奄美の森で、いきものナイトウォッチング~アマミノクロウサギ、ヤマシギ

    奄美大島の中東部にある住用町は、入り組んだ海岸線と奥深い森を持つ自然豊かな農村です。山の合間に沈むサンセットを鑑賞したあとは、豊かな夜の世界…

    2017年3月30日伊達 優

  • 大事な人とうっとりと、用安の夕陽ウォッチング

    奄美空港から8kmほど名瀬方面へ南下すると、海岸沿いにはレストランやリゾート施設など、目を引く店舗が連なっています。 そこは用安(ようあん)…

    2017年3月30日伊達 優

  • 兵隊達も見た夕陽~奄美大島西端西古見集落の戦跡めぐりとサンセット

    色濃い海の大島海峡を眺め奄美市名瀬から車を走らせること2時間。 奄美大島の最西端、サンセットの名所である瀬戸内町西古見集落へついた。 西古見…

    2017年3月14日トヨヤマ コトネ

  • 様々な言い伝えをもつ、イザトバナレと呼ばれる無人島・「枝手久島」の物語

    あの危険生物の発祥の島?! 宇検村のやけうち湾に浮かぶ無人島・枝手久島(エダテクジマ)。 船で気軽に行ける距離にあり、釣りポイントも多いこと…

    2017年3月14日福永千景

  • まぁるい石が一面に敷き詰められた不思議な海「ホノホシ海岸」

    瀬戸内町古仁屋の街から車で30分。奄美の南東にあるホノホシ海岸。 太平洋の外海に面した場所にあり、絶えず打ち寄せる強く雄々しい波と豪快にあが…

    2017年3月14日トヨヤマ コトネ

  • 奄美が”アメリカ”だったとき~知られざる奄美の歴史の跡を巡る

    奄美群島には、実は日本ではなかった時代が存在します。 第2次世界大戦後、奄美群島は沖縄と同じく日本から切り離され、米軍統治下に置かれました。…

    2017年3月14日麓 卑弥呼

  • 「龍の目」のふるさと散歩~”マツリイシ”と”ミヤガジュマル”に出会う

    一年のうち、春分と秋分の日前後数日のみに出会える、奄美大島一の神秘的なサンセット・「龍の目」。この龍の目が見られる龍郷町円集落は、かつては大…

    2017年3月14日麓 卑弥呼

  • 「湯湾岳」標高694m。奄美で一番高い場所

    島と聞くとビーチや海の印象が強いかもしれませんが、奄美大島は実に山が多い島です。奄美大島北部はまだ平坦なのですが、南へ行くにつれてどんどん山…

    2017年3月14日別府亮

  • 哀愁漂う最果てのシマ(集落)「西古見」から見る夕陽

    瀬戸内町古仁屋からカーブの多い山道に車を走らせること1時間、奄美大島最西端に位置する西古見集落。 奄美大島の中心地名瀬からは車で2時間。名瀬…

    2017年3月14日トヨヤマ コトネ

  • 輪になって踊り、唄い、食べ、飲む!熱気渦巻く「佐仁の八月踊り」

    写真提供:観光ネットワーク奄美 一年で最も盛り上がる「アラセツ」「シバサシ」 旧暦の8月、奄美大島はたくさんの行事が目白押しの時期。島を出た…

    2017年3月14日泥ぬ マコ

  • 龍が眠るシマ、龍郷町円集落 まあるくまったりゆったり、時が流れる商店へどうぞ

    一年のうち、春分と秋分の時期だけに見られる、神秘のサンセット「龍の目」。 これが見られるのが龍郷町円集落にあるかがんばなトンネル。時期になれ…

    2017年3月14日麓 卑弥呼

  • 夕陽を見るまえにあの人に会いに行こう。西古見に来たら一度は訪れたい「加商店」

    奄美市名瀬から車で2時間。瀬戸内町古仁屋の街からは車で1時間。奄美大島最西端の集落「西古見」。 この集落の特徴は未だに残る、サンゴの石垣。ハ…

    2017年3月14日トヨヤマ コトネ

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.