フォトライター

ムラタ マチヨ

福岡県出身。二児の母。13年間東京で暮らし、2018年春に夫のふるさとである奄美大島に移住。元々は都会が好きで、移住には不安も感じていたが、奄美の人や文化に触れ今ではすっかり島の魅力に取り憑かれている。外から移住したからこそ分かる島の良さ、楽しいことをたくさん発信していきたい。

ムラタ マチヨさんの記事

  • 唄者、中村瑞希さん。母となり、子どもたちへ残したいシマの宝もの。

    奄美大島の北部、奄美市笠利町。のどかな風景が広がる集落(シマ)で、初めての子育てに奮闘している女性がいた。 「子どもには『あなたのルーツはこ…

    2023年3月06日ムラタ マチヨ

  • マコモに魅せられて~秋名幾里の大地と共に生きる幸せ。藤井菊美さん

    「ちょうど今、マコモの新芽がでてきたところなんです。かわいいでしょう」 まるで子どもの成長を見守る母のように、目を細めてうれしそうにそう話す…

    2021年3月31日ムラタ マチヨ

  • こだわりぬいた「魚介由来のお土産」づくり。元ソムリエで老舗鮮魚店3代目が手掛ける絶品とは

    四方を海に囲まれた奄美大島は、豊かな漁場による恩恵を受けている。魚やイセエビ、夜光貝など魚介類は島内外で人気だ。 奄美市名瀬港町にある老舗鮮…

    2021年3月31日ムラタ マチヨ

  • 地域資源を生かした商品づくりで島にエールを。瀬戸内町 泰山祐一さん

    地域振興、地域おこしでよく使われる「宝探し」という言葉。身近に”眠っている”宝モノ=地域資源”を見出すこ…

    2021年3月29日ムラタ マチヨ

  • おばたちが作る本物の島じゅうりを若い世代へ。あらば食堂

    奄美大島の郷土料理は、「シマジューリ」と言う。 「シマジューリ」は、島内のレストランや居酒屋などで食べることができる。けれど、本来の「シマジ…

    2021年3月27日ムラタ マチヨ

  • 奄美についたら「新港喫茶シャーク」で朝食を。映画のワンシーンのような思い出を作ろう。

    奄美大島はいわずと知れた離島。 空からの入り込みもあるし、海から入ってくる人もいる。鹿児島本土の方面から毎日やってくる船が名瀬新港に到着する…

    2019年3月09日ムラタ マチヨ

Copyright © 2016 一般社団法人あまみ大島観光物産連盟 All Rights Reserved.